ようこそ アカデミ学園・門のページへ!

プロ家庭教師を独り占め!

◆◆◆ 完全 1対1 個別指導 ◆◆◆

数人の生徒に教師1人が順繰りに対応する
巡回型個別指導ではありません。

90分、あるいは2時間…1対1で
じっくり学習を進めます。

「個別指導」のウソホント

 「個別指導」にはカラクリがあります。一つは現象面、もう一つは料金面において。一体どういうことでしょうか。

 まずは現象面において。個別指導とは、文字通り1対1で先生が生徒に教える指導です。ところが、1対2とか1対3とか、時には1対4でも堂々と個別指導と称している大手の個別指導塾が存在します。これは詐欺ではないのか。普通はそう思います。でも、これには逃げ道、逃げ口上がちゃんとあるのです。2人や3人を相手に同時に教えれば個別にはなりませんが、他の子に自習をさせておいて(放置して)1人の相手をすれば立派な「個別指導」と相成るわけです。つまり、時間差個別指導。たとえば90分授業を3で割って30分を個別指導にあて、あとの60分はおとなしく勉強していろということですね。

 さて、ここが大問題です。ある時間帯に1人にかかりっきりになったら、他の子は当然見られません。指導上極めて大切な観察と見極め、すなわち途中経過から結果までの一連の学習作業を見届けることができない。個別指導に絶対欠かせない問題点の発見と即時修正という肝心要の部分が完全に欠落している。途中経過を全く見ていない生徒を30分だろうが60分だろうが教えたとしても、それは単に結果に対するコメントや解説であって、添削指導と何ら変わらない。ここに大きな落とし穴があるのです。授業時間を2や3で割れば学習効果が2分の1や3分の1になるのではありませんよ。欠落した重要部分を考えれば、さらにその半分も期待できないでしょう。1対1の場面があっても、それはある時間帯の見かけの現象にすぎず、実は最後まで本来の個別指導が回らないままの負の連鎖というカラクリでした。

 次に料金面において。個別指導を生業とするのは家庭教師と個別指導塾です。

  家庭教師 の料金は派遣業者が派遣する場合、業者の取り分と家庭教師の取り分とを合算した二重取りです。業者に登録した家庭教師は、業者とご家庭との契約内容に拘らず、業者から支払われる時給は一定していますから、業者の取り分はご家庭との取り引き次第でいくらでも変動します。そこで、各ご家庭の支払い可能額を値踏みして、つまり懐具合を探りながら契約に至ります。そして、ここが問題なのですが、教師を都合のいいようにランク付けして、同一教師をある家庭にはAランク、別の家庭にはB、Cランクというように、ダブルスタンダード、トリプルスタンダードで攻勢をかけます。恥ずかしながら、これが現状です。学生アルバイトからベテラントッププロまで格付けしておいて、何が何だか分からない基準で料金収入が配分されます。家庭教師自身は一定の料金で業者と合意しているからまだしも、ご家庭としてはこのカラクリがなおさら分かりませんから、いい面の皮、とんだ犠牲者となります。ちなみに、業者の搾取分は5割から6割というところが相場でしょう。

  個別指導塾 が低料金をうたっているのも曲者ですね。「個別指導なのにリーズナブル」とか「マンツーマン指導と自立学習を両立させる」とか矛盾満載のキャッチコピーが踊っていますが、一番怪しいのが「自立学習」を紛れ込ませている場合です。先に述べたように、「時間差個別指導」で放置している生徒に自習させておきながら、「自立学習」とポジティブな表現ですり替えている。あざとい商法と言うべきです。いくつかの小部屋を往き来したら、それこそ1対10も可能かも。低料金をうたえるのも納得というところでしょう。

「アカデミ学園・門」の
個別指導とは

 「個別指導」にはカラクリがあり、ウソとホントを見極めるポイントを先に述べておきました。「アカデミ学園・門」の個別指導は正真正銘ホンモノです。その理由は簡単です。教師が「家庭教師会・門」の代表と副代表、そして盟友の塾長の3人だからです。これ以外の教え手はおりません。つまり、「家庭教師会・門」がそのまま平行移動したようなものが「アカデミ学園・門」ということになります。どうしてこのような形にしたかというと、「家庭教師会・門」では現在中学受験生しか教えていません。中学受験の特殊性や専門性、諸事情を考量しての結果です。中学受験時に教えた子を大学受験でまた教えるというケースはよくあります。でも、これは内輪の話であり例外です。中学・高校・大学受験生全般を教えるとなると、別の器が必要です。信頼に足る新たな盟友も不可欠でした。機が熟し、条件も整いました。それが「アカデミ学園・門」。平成9年創立以来の「家庭教師会・門」の手法を全て駆使し、万全の態勢で臨む所存です。「完全個別指導」とわざわざ「完全」を強調、誇張せねばならないこの業界の現実の悲しさ。この閉塞した「個別指導」を打ち破るのが、われわれ「アカデミ学園・門」です。

 中学・高校・大学受験全般はもちろん、学校や塾の授業の補習・先取り、定期試験対策…何でもござれですのでご安心ください。

「アカデミ学園・門」の
料金体系の根拠は?

 「アカデミ学園・門」の個別指導料の基準は唯一「家庭教師会・門」の指導料にあります。

「家庭教師会・門」では 小6生が 6,000円/時、小5生が 5,500円/時 と、この料金をご家庭から頂いております。

一般業者の [業者ピンハネ分]+[教師取り分] の二重取り料金(1万円超/時はザラ)ではないからこの料金でいけるのです。

代表と副代表の受験指導歴の合算年数は52年ですよ。他の業者と比べてみてください。

 「アカデミ学園・門」の個別指導料は「家庭教師会・門」より低くおさえています。その理由は、家庭教師としてご家庭を回るには移動時間がかかり、「門」の事務所=教室で待機する場合は、その時間がゼロだからです。つまり、どういうことかというと、移動時間があることで教える人数が制約されるということです。遠方のご家庭からどうしてもと依頼されれば断り切れず、何時間もの往復時間をかけて教えに行くことになれば、その日は他の家庭を回れず、1日1家庭で終わりということもあります。移動時間の総量はすごいですよ。この時間を有効活用すれば1人当たりの指導料はディスカウントが可能になり、ご家庭の負担を軽減できると考えました。いかがでしょうか。更にさらに驚きの値引きもあるので、下記をご覧ください。ぜひご一考を!

「アカデミ学園・門」
授業料一覧(消費税込み)

各学年ごとの1時間当りの授業料は、次の表の通りです。

1時間当たりの授業料
小5 小6 小5
中学受験
小6
中学受験
中1 中2 中3 中3
高校受験
高1 高2 高3・卒
大学受験
¥4,000 ¥4,000 ¥4,500 ¥5,000 ¥4,500 ¥4,500 ¥4,500 ¥5,000 ¥5,000 ¥5,000 ¥5,500

1ヶ月の授業時間の合計が6時間以上の場合、次の表に基づいて授業料の割引を致します。

例えば、1ヶ月の授業時間の合計が12.5時間であれば、 小数点以下を切り上げ13時間として値引率を決定します。
この場合、「13」のところを参照して、値引率は4.5%引きになります。

1ヶ月の授業時間に対する授業料の値引率
1ヶ月の
授業時間
(時間)
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
以上
値引率
(%)
1 1.5 2 2.5 3 3.5 4 4.5 5 5.5 6 6.5 7 7.5 8

● 授業料の計算例 ● ~高2生の場合

例えば、高2生の生徒が、ある月に90分を3回、2時間を5回の授業を受講したとします。

1ヶ月の授業時間は、
  1.5時間×3回 + 2時間×5回 = 14.5時間
となります。「授業料の表」から1時間の授業料は ¥5,000 ですので、授業料は、
  ¥5,000×14.5時間 = ¥72,500
となりますが、授業時間の合計が6時間以上なので、値引きの対象となります。
授業時間14.5時間を15時間と切り上げ、「値引率の表」を見ると値引率は5.5%となります。
値引き金額は、
  ¥72,500×5.5% = ¥3,987.5
100円未満を切り上げ、¥4,000 を差し引きます。
  ¥72,500 - ¥4,000 = ¥68,500 が授業料です。

  • 授業日時はあらかじめ「○曜日の□時から△△分」と固定的に決めておいてもかまいませんし、 その都度双方のスケジュールに合わせ「次回は○日の□時から△△分」と指定することもできます。
    また、急な都合で授業に来られない場合は、中止にすることも日時を変更することも可能です。
  • 授業料は月末締めで、翌月7日までにお支払いください。 支払方法については入会時にご相談いたします。
  • 入会金・退会料は不要です。
  • 教材費や教室の光熱費等もいただきません。
  • 授業のキャンセル料は発生しません。授業の振り替えは後日改めてご相談いたします。
  • お問い合わせは、土日祝日も含め、いつでもお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちらへ!

まずは電話でお問い合わせください。

アカデミ学園・門 事務所電話番号 : 03-3576-3770

代表 髙橋 携帯番号 : 090-3900-0950

電話によるお問い合わせは平日・土曜・日曜・祝日、いつでも随時お受けいたします。
なお、スタッフが事務所不在の場合、 「只今、電話を呼び出しております。」という案内の後、 自動的に代表 髙橋の携帯電話にお繋ぎ致します。

来園日時の予約をしていただき、アカデミ学園・門までお越し下さい。 当学園の詳しい説明をさせていただきます。 また、学習相談もお受けいたします。

アカデミ学園・門のブログのお知らせ

アカデミ学園・門の塾長 青木を中心にブログを始めました。

塾で起こる様々なこと、教えることについて、教科のことについて、 勉強・学習することについて、学校のこと、受験のこと etc.
また、時には私的なことや世間話も含め発信していきます。

家庭教師会・門の代表 髙橋、副代表 井戸も、時々割り込んで 学習に役立つ様々なことを書き込んでいます。

是非ご覧下さい⇒アカデミ学園・門のブログはこちら